漢方で内臓と肌を綺麗に

肌と内臓は関わりが強い

内臓を綺麗にすると肌もきれいに

年齢を重ねるにつれて少しずつお肌の悩みやトラブルが出てくるようになり、悩んでいる。という女性はとても多いと思います。「年齢肌のための」「アンチエイジングのための」と謳われた化粧品は星の数ほど出ていますし、シーズンごとに様々な美容成分が加えられた新製品が発表されて競い合っていますね。それほど、女性のお肌への関心は高く、セルフケアも怠りなくなさっているのではないでしょうか。しかし、それでも思ったような効果が出ない、改善しないとお悩みの方も多いと思います。

お肌は内臓の鏡と言われるのをご存じでしょうか?それほど内臓はお肌に強く影響しています。化粧品でケアをしても思わしくない場合、内臓の不調を疑ってみると改善のきっかけになるかもしれません。

内臓のなかでも幾つかの臓器とお肌の関係を少しご紹介しましょう。まず、胃腸の調子が良くないとお肌に影響があります。口から摂った食べ物は胃に届くと、栄養が吸収されやすいように消化されます。胃の状態が良くないと未消化のまま、食べ物が腸へと移動してしまうので、栄養が吸収しにくくなります。お肌は身体の中では栄養が配分される優先順位が低いため、栄養不足になってカサカサお肌になってしまうのです。

次に腸もお肌と密接な関係にあります。便秘に悩む女性は多いものですが、便秘の状態が続くと速やかに排出するべき不要なもの、老廃物が腸内に留まって酸化し、肌荒れや吹き出物の原因になります。

他に肝臓も重要な臓器の一つです。肝臓の大切な働きのひとつは解毒ですが、これがうまく機能しなかったり、偏った食生活などによって負担がかかりすぎると肌荒れの原因になります。また、肝臓は栄養を貯めておく場所でもあるので、肝臓が疲れているとビタミン不足になりお肌に影響が出てきます。

Copyright © 肌と内臓は関わりが強い. All rights reserved.